憧れの地での結婚式場の選び方

自分の憧れのイメージをすべて挙げる

結婚式は、自分が唯一主役になれる日です。女性だったら、自分がイメージする憧れの結婚式が少なからずあるもの。後悔しないためにも、その憧れのイメージをすべて挙げてみましょう。例えば、海が見える場所・出会った街・海外リゾートウエディング・昔から憧れのある街などです。自分で探す場合は結婚式場のアプリで検索したり、結婚情報誌の情報と自分の憧れを照らし合わせたりして探しましょう。このやり方はじっくり時間をかけて探した方が自分のイメージに近い場所を見つけられるため、結婚式までの時間に余裕がある人に向いています。

他には、自分の憧れのイメージを結婚式相談カウンターの担当者にすべて伝える方法もあります。結婚式を早く挙げたい人や、自分で探すことに自信がない人に合っているやり方です。この担当者は膨大な結婚式場の情報を持っているため、憧れのイメージを伝えるだけでそれに近い結婚式場を紹介してくれます。

親族やゲストに考慮した場所

どんなに自分達の憧れの場所であったとしても親族やゲストを呼ぶ場合、その人たちのことも考慮しなければなりません。それは2人にとって特別な日であると同時に、親族やゲストに日頃の感謝の気持ちを伝える場でもあるからです。そのため、親族やゲストが行きやすい場所にするなどの配慮が必要です。例えば、海外ウェディングに憧れがあったとして、友人を多く呼ぶことも憧れだった場合、その両方を叶えることは難しいでしょう。友人の中には小さい子どもがいて海外に泊まることができない人もいれば、仕事の関係で1日しか休めない人、金銭的に厳しい人などさまざまな事情があるからです。どうしても海外ウェディングを挙げたい人は海外では親族のみで結婚式を行い、日本では友人を呼んで披露宴パーティーを行う方法もあります。このように、ゲストにも配慮した上で憧れの結婚式を挙げられたら、幸せな思い出になるでしょう。

トップに戻る